女性

安心して治療を受ける秘訣

注射

事前の準備が必要になる

美容整形は信頼できる医師にお願いするのが基本ですが、ボトックス治療には医師を見分ける判断ポイントもあります。まずボトックス治療では認定医制度がありますので、初めて申し込むなら認定医を探してみましょう。筋肉の伸縮をコントロールするなど、特殊な効力を持つボトックスの専門知識をはじめ、注入方法といった技術面でも信頼できる証しとなっています。認定医なら副作用の心配もより軽減できますから、不安なく治療を任せられるのです。そして信頼面では、カウンセリングに対する医師のスタンスをチェックしましょう。ボトックスは表情筋や咀嚼筋などへ対し、患者ごとに適切な容量を注射する必要があるため、入念なカウンセリングや診察が欠かせません。注入量を誤れば副作用が出る場合もありますから、それらを重視しない医師やクリニックは、避けた方が無難です。また万が一に備え、アフターフォローに定評がある美容整形クリニックを選んでおきますと、副作用が生じた場合でも適切にケアしてくれます。カウンセリングを経て、ボトックス治療を受ける日時が決まりましたら、当日は化粧道具も忘れずに持って行きましょう。治療の事前準備としてメイクを落とすことが多いため、帰宅する際に必要となります。化粧落としはクリニック側で大抵用意されていますが、敏感肌などで初めての物を使いたくない場合は、普段使っている洗顔料などを準備しておくと良いかもしれません。また、ボトックス治療では内出血といった副作用も極稀に起こるため、もしもの場合を考え、コンシーラー系のコスメも用意しておきましょう。そのほか、ボトックス治療は注射針の痛みも副作用になりますので、できるだけ痛みを感じたくない時は、前もって麻酔を頼んでおいてください。ただし麻酔クリームなどは大概別料金ですから、カウンセリングなどの際にご確認のうえ、申し込んでおくと良いでしょう。一方、施術後に大きな生活制限はありませんが、血流上昇などは副作用を招く原因にもなるため、エクササイズやアルコール類は厳禁です。このため飲み会やフィットネスクラブなどの予定を事前に調整しておくことも、大切な準備となります。